· 

大前研一ライブ無料で見れるのか!スゲーなN高

「大前研一ライブ」という知る人ぞ知るニュース番組があります。経営コンサルタントの大前研一氏が時事ニュースを解説する、週に1回2時間のニュース番組です。一般人には馴染みのないニュース番組、というのは有料のニュース番組だからです。

 

 私は長年このニュース番組を視聴していますが、質の高い情報には価値がある(有料)ことを感じます。この番組では普通のニューズ番組では取り上げない本質的なニュースや、大前氏ならではの解説が聞けて、時事を理解するには非常に質の高い番組です。

 

 この番組は実は1998年から続いているという長寿番組(?)です。私が履修したBond-BBT MBAのカリキュラムの一部になっていたので、2007年からのMBA時代に視聴を始め、またMBA卒業してからも情報収集のためにしばらく有料で視聴していました。

 

 ということで長年視聴をしていましたが、非営利の今の団体で勤務するようになってからは、視聴をやめてしまっていした。たまにはまた視聴したいなと思うことはありましたが、コスパだけを考えたら大前氏の新著を読んだほうが安いかと思い、しばらくは視聴していませんでした。

 

 さて、先日娘がN高の授業をネットで受けていて、N高生は普通の授業以外にもいろいろ番組が見れるよーという話しをしていて、ふと大前研一の話ししたら、大前研一のニュースも見れるよ、と娘がいうではありませんか。

 

 N高にはアドバンズコースといって学生が自由に見れる番組がたくさんあります。授業に直接関係する番組もあれば、趣味や学識を広げるような番組もあります。そこで検索してみると、なんとあるではないですか大前ライブ!番組収録直後の公開ではありませんが、1週間のぐらいのラグで更新されています。なんだ早く言ってよ!という感じでしたが、今からでも観れるのはありがたいので、早速娘と一緒に最新回を視聴しました。

 

 数年ぶりにライブで観る大前さん、まだまだお元気そうでした。もう御年77年なんですね。キャスターの方も同じ方がされていて懐かしい感じです。内容は相変わらずの大前節が炸裂しまくっていました。時事ニュースの本質的な部分をズバズバ指摘していく様子には爽快感すら感じます。

 

 6月ということで今回はインバウンドの話しもされていましたが、元に戻るのは5年ぐらいのスパンだろうという分析をされていました。感情的にはなかなか受け入れがたいことですが、冷静な分析だと思いました。

 

 ということで娘がN高生でいる期間は無料で大前ライブ見れそうです。もう3年生なので、あと半年ぐらいしかなんですけどね。

 

 高校生が「大前研一ライブ」を観るのはレベルが高すぎですが、興味のある子は観るんでしょう。このようにN高はネットのコンテンツを幅広い分野で揃えていますが、コンテンツの質が高いのに関心させられます。娘はあまり興味を持っていませんが、保護者の特権としてこれより毎週「大前研一ライブ」を視聴させていただきます。

前のブログ 次のブログ>