· 

過去のよい思い出にひたろう!14年ぶりのユタ州訪問

私は高校卒業してからアメリカ留学をして、ユタ州で4年間過ごしました。2003年に大学を卒業して以来、ユタ州に行く機会がずっとありませんでしたが、ついにその機会がやってきました。

 

 先日の部署異動に伴う新しいポジションの新任研修が教会本部であったためです出張では濃厚な一週間を過ごすことができました。ポジティブな事がたくさんありましたが、列挙してみると以下のようになります。

 

  • 以前つくばでボランティアでをしていた教会の青年にソルトレイク空港で偶然あった
  • 以前の購買課で勤めていた時にお世話になった方々に直接会うことができた
  • 自分を含め5人の職員と4日間の研修を受けることができた
  • Welfare Squareなど教会の福祉施設も見学することができた
  • 14年ぶりに昔の友人に会うことができた
  • ソルトレイク神殿に参入することができた
  • 教会博物館を見学することができた

 

 その中でも一番うれしかったのがソルトレイク神殿への参入でした。教会には「神殿」とよばれる通常の集会堂とは別の建物があります。神道に例えるなら、全国に様々な神社がある中で、特別な儀式が執り行われる伊勢神宮という別格の建物があり、神殿はこの伊勢神宮に近いものです。神殿での特別な儀式の中に結婚の儀式があり、教会員は神殿にて結婚式を行います。

 

(写真:ソルトレイク神殿)

 

 そして私と妻が結婚を行ったのが、この思い出のソルトレイク神殿なのです。神殿に入りながら、結婚式当日のことなどを懐かしく思い出していました。

 

過去のよい記憶を増幅させることにより、より多くの幸せを感じることができます。昔の写真を眺めたり、日記を読んだり、実際に思い出の場所に行ってみたりと、ポジティブな過去の体験はそれを思い出したり、味わったりすることでその時の喜ばしい気持ちの一部をまた感じることができます。

 

 私も結婚式当日のことを思い出しながら、うれしい気持ちが溢れると同時に、夫婦生活への更なる意欲も沸き起こりました。

 

 

ぜひ皆さんも昔のよい記憶にたまにはひたってみてくださいね。