· 

ジグソーパズルでフロー体験をしよう

 皆さん、自粛生活いかがお過ごしですか?毎週日曜日は教会で礼拝行事に参加するのがわがやの長年のルーティンなのですが、このご時世で教会の礼拝行事や活動も現在すべて中止です。

 

 教会の礼拝行事がないので、日曜日は庭にテントやタープをたてたりしてまったり家族と過ごす日々が続いていますが、まあ時間を持て余しています。

 

 日曜日に暇に耐えかねたのか、娘が押し入れに眠っていたジグソーパズルを引っ張りだして皆でやろうといってきました。まあ暇だしやってみるかということで、家族みんなでやり始めました。

 

 そしたらなんと皆で熱中してしまい、完成までの3時間あっという間にたってしまいました。没頭する、いわゆるフロー状態にみんなで入っていたわけです。きちんと完成して達成感ありありでした。

 

 ということで軽い気持ちでやってみてパズルですが、実はストレス発散のいい活動だったんですね。ストレス発散どころかウェルビーイング度が増したのも感じることができました。

 

 今回ジグソーパズルを家族でやってみてウェルビーイング度が増したと感じたのは以下の2つあったように思います。

 

1.パズルの難易度もちょうどよく、フロー状態(没頭状態)になれたこと

 

2.家族の過去の楽しい思い出しながら、味わったこと

 

 今回やったパズルは、5年前ぐらいに家族旅行で訪れた、ハワイのポリネシアン文化センターで購入したパズルでした。なので昔の旅行のことも思い出しながら、おしゃべりしながら作業ができましたのも、楽しかった理由でした。

 

 

 フロー状態になること、また過去の楽しい思い出を味わうことは、いずれもウェルビーイングを高める方法として知られている理論です。

 

 皆さんもどこかに眠っているジグソーパズルがあれば(うちにはまだまだあります)、自粛期間中に暇つぶしと思ってやってみてくださいね。

 

<前のブログ 次のブログ>