· 

先祖に感謝しよう

 ウェルビーイングを高める方法に「感謝をする」ということがあります。

 

 ソニア・リュボミアスキーは感謝をすることで、幸福度が高まる8つの理由を挙げています。

 

1.いっそうポジティブな人生を味わえるようになる。
2.自尊心や、自信が強まる
3.ストレスやトラウマに対処するための助けになる
4.道徳的な行動ができるようになる
5.社会的な絆をつくる助けとなり、従来の人間関係を強固なものとし、新しい人間関係を築くのに役立つ
6.他人と比較して不公平だと感じることが少なくなる
7.ネガティブな感情と相いれない
8.「快楽順応」を防ぐ効果がある

(幸せがずっと続く12の行動習慣)

 

 こんなにも理由があるんですね。そしてありがたいことに感謝をすることはそんなに難しいことではありません。少し見方を変えるだけで、私たちの周りには感謝すべきことに溢れているのです。

 

 さてちょうど今週はお盆ですが、お盆に関連して感謝すべきことといえばやはりご先祖様ではないでしょうか。ご先祖様がいなければ、私たちは存在していないと考えたら、本当にご先祖様はありがたい存在です。

 

 そのような感謝すべき存在のご先祖様ですが、そのためにはご先祖様が誰かを知る必要もありますよね。私の所属しているクリスチャンの団体には先祖を大切にするという教えがあるということもあって、二十歳頃から先祖の記録を調べています。わが落合家はそんなに系図が残っている家系でもないのですが、本家は7代目までさかのぼって記録が見つかっています。時折、先祖の系図を眺めて思いをはせていると、自然と感謝の気持ちを感じることができます。

 

 もともと日本には先祖を敬う、感謝するという美しい文化があります。実は先祖供養をすることで、私たち自身もより幸せになることができるという素晴らしい文化、伝統なのですね。

<前のブログ 次のブログ>